まんがタイムきららフェスタ!2016の話をしよう

きらら枠アニメのお祭り,まんがタイムきららフェスタ!2016に行ってきた.

僕が「きらら枠」という観点でアニメを意識し始めたのはきんいろモザイクから.ひだまりスケッチとかけいおん!も以前から観てはいたのだけど「枠」とまでは意識していなくて単なる日常系作品に一つという認識.きんモザごちうさも最初に観た時は面白いとは思えなくて,全く良さが理解できなかった.でもゆゆ式とかは初見からすごい好みだった.独特の空気感ね,ちょうすき.桜Trickもすき.百合姫作品じゃないのにあそこまでどストレートに百合だしてきてそれだけで好感度MAX.あれ,キルミーベイベーってきらら枠だっけ?わからん,まぁいいや放っておけ.AチャンネルとかGAは未視聴.

こんな具合で元から熱烈なファンてわけでもないし,数年経って熱烈なファンになったというわけでもない.ただ趣味嗜好が変わってきんモザとかごちうさを楽しめるようになって,今期の三者三葉やあんハピいいなぁと思いながら観ていた.きんモザごちうさ抗鬱剤.なんでなんだろうねぇ,突然スイッチが入ったように好きになってしまったんだよ.いや原因ははっきりしてるラビットハウスティーパーティーの映像を観せられたのが全ての元凶だ.花粉症と一緒できらら成分に対するリミットが各個人ごとにあるんだけど,僕の場合Petit Rabbit'sを摂取すると無条件でリミット外れるように設定されていたんだと思う.なんか話がズレてきたな.戻そう.

で,きららフェスタ夜の部に参加してきた訳なんだけど思っていた以上に楽しかったんだなこれが.アニメのイベント参加経験は両手で数えられる程度なので比較にならないのだけど,今まで1番満足度というかコンテンツに対する満腹感があったイベントのように感じた.途中で宣伝だったりちょっとしたミニゲームを挟んだりしていたけど.朗読劇がメインでどれも面白かった.アニメで聴いてる声がそのまま聴けるってすごいよ.どの声優さんの声も特徴的で素敵だし.いやーでも東山奈央さんの声は中でも別格だね,うん.彼女の声を聴くためだけにこのイベントに参加したといっても過言じゃない.今回のきららフェスタは全部で8つの作品が出ていて,全て朗読劇があったのだけど東山奈央さんが出ていたきんモザの朗読劇が1番楽しめたんじゃないかな?なんせほら,僕の本名が"アリス"だから.きんモザにもアリス・カータレットっていう金髪少女がいるじゃないですか.彼女の名前が他の声優さんたちから呼ばれるわけよ,劇中で.僕からしたら東山奈央さん,西明日香さん,種田梨沙さんから名前を呼ばれるのと同じなんですよ.嬉しすぎて顔の笑みが止まらず,手で口元を抑えながら嬉し涙を流しました.ありがとうございます,ありがとうございますと心の中で唱えながらね.この日ほど両親に感謝した日は無い.サンキューダディアンドマミー.他にはゆゆ式もよかった.パイオツをお揉みさせてください.脚本書いた人すごいなー.あのハイコンテクストな会話は永遠に観ていたい.ゆゆ式は唯一原作を買ったきらら枠の作品.二期の発表はまだ諦めてませんよ?あんなのみせられたら誰だって好きになっちゃうよゆゆ式...ズルいって...

ライブパートは三者三葉,NEW GAME,あんハピ,がっこうぐらしから1曲ずつ.NEW GAMEのOP,SAKURAスキップ聴いたの初めてだったのだけど,結構いい曲でびっくりした.絶対iTunesで買おう.三者三葉はOPも好きなんだけどEDのほうが好きだからそっちも聞きたかったのだけど残念.でもPUNCH☆MIND☆HAPPINESSを聴けたから全てを許したところあるよね.あの曲こそは完全に顧客が求めていたものである.田中秀和を信じろ.きらら楽曲オンリーのライブイベントとかあったりしないの?あったら親を質に入れてでも行きたいんですけど.

全体の印象としては前菜とかデザート無しでメイン料理をどんどん出されるカンジ.一つ一つのコンテンツでお腹いっぱいになるくらい高カロリーなんだけど,結局美味しくて食べちゃうみたいな.朗読劇の時間が長かったのは本当によかった.ああいった演技の一端を直接観られる機会って全然無くて,この濃密さを体感できて多幸感が半端じゃない.

作画について滅茶苦茶詳しいわけではないし,声優さんを全員把握したりとかプレゼント送ったりするまで好きってわけでもない,関連グッズを熱心に集めているわけでもなし.ファンとしてはえらく中途半端なポジションな「好き」なのだけど,それでも今自分がきららアニメを好きなことは変わらなくてまんがタイムきららフェスタ2016を楽しめた事実に変わりはない.誰もが楽しめるお祭りで本当によかった.ありがとう芳文社,ありがとうまんがタイムきららフェスタ2016.