読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究はじまった

大学院にも合格して,研究テーマも決まってやっと本格的に始動.

研究テーマ自体は自分で考えたのではなくて,指導教官に幾つか候補を挙げてもらってその中から選んだ.テーマの基盤になってる研究や技術のことをまだちゃんと理解できていないので,新しいアイディアを試すというよりは関連する論文を読んだり本読んで勉強したりという時間のほうが多い.

その時間が割と楽しめてるのでよい.これまで高専や学部でやってきた専門教科が繋がってきて「なるほどそういうことだったのね〜」みたいな展開によくなる.逆に手を抜いてしまっていた部分も顕著に現れてきて「この辺適当にやってました...勉強し直しますサーセン...」てなことも頻繁に出てきてしまってる.

楽しめてる要因としては相談できる人が多いのもでかい.僕の所属している研究室は指導教官が4人に対して学生が学部生と院生合わせて13人.1人のセンセが十数人の面倒をみなきゃいけないというわけではないので,心理的に相談しに行きやすい.あとM2の先輩が本当に神,最高,博士課程に残って来年以降も研究室にいてほしいくらい.

研究室全体の進捗報告のミーティングが週一であって,そこで全員が現状の報告とフィードバックもらう.教官には「ミーティング自体は週一だけど,研究に関する相談・報告はいつでも来てください.というか週一だと少ないです」的なことを言われてるから,授業料払ってるんだし相談料として元が取れるくらいにはしようという気持ち.プログラミングと違ってWeb上に公式ドキュメントがないのはツライところなのだけど,教官に聞いたほうが早いし確実なので今のところあんまり困ってない.ただそれは関連する論文の探し方が下手くそというか慣れてないというのがあるので,その部分もシュッと効率のいいやり方を聞いて真似するのがいいかなーと考えてる.

他には研究室同期の面子がみんないいやつなのでいいかんじ.人間関係は指導教官含めて良好だとは思います.今のところぶん殴りたい人はいません.治安がよろしい.

困ってることは無限にコーヒーを摂取してしまうこと.他にもっと安くて健康によさそうな飲み物ほしい.あとは座りっぱなしになってしまうことも.できるだけ運動するようには心がけているけども.やっと天気が良くなってきたのでランニングが再開できる.筋トレのほうは目指せ腕立て20×3セット.2セット目の途中で腕が上がらなくなる.最近「技術者に必要なのは筋力!体力!精神力だ!」みたいな考えに至ってるので,エンジニア各位の肉体運用術を聞きたい. あと日報というか研究ノートつけてるのだけど現段階ではアナログのノートで落ち着いてる.最初はesa使いたいってめっちゃ思ってたのだけど概念図やら数式やらをよしなにするのが厳しかった.esaはドキュメントベースだししょうがないっちゃしょうがない.今はまだつけ始めたばかりだからいいんだけど,ふとした考えとか試してみたいことを書いてて後であいまい検索したいときとか出てくると思うんすよね...あーでも回路図とかだとそうはいかないか...うーんどうするのが1番いいんだろう.

ここのところアタマの中で考えてたことを文字にできたので満足