関数プログラミング実践入門 【読書記録 4章】

  • 評価戦略について
  • 遅延評価とは「実際に使うまで計算しない」という計算順序の規則.
  • 遅延評価では,使うところまで計算して使われないところは計算しない.つまり無限を定義しても実際には無限に計算を発生させずに済む.
  • 遅延評価はどこかで実行時エラーや無限ループが発生する可能性があっても,正しく結果が得られる可能性が高い計算の実行順番になっている
  • ラムダ計算では,簡約という変換操作を行うことで評価を進める.簡約とは,ラムダ計算における関数適応の規約.
  • 簡約を進めていくとこれ以上式中のどの部分についても簡約できない式になることがあります.つまり関数がないか,関数があるけど適用される値がないような形を正規形と呼ぶ.
  • Haskellの遅延評価では,式を評価するときに
  • 評価が行われないまま放置されている計算予定オブジェクトのことをサンクと呼ぶ.
  • 遅延評価の1つの利点は,必要のない計算は本当に行わないことで計算量を低減できる