NTT研究所主催のアイディアソンで優勝&NTT賞もらった話

先日の土曜日にNTTの先端技術総合研究所主催の「ぶるなび活用アイデアソン」に参加してきた.アイディアソンの参加は初めてで,しかもデバイス関係のイベントにもこれまで参加したことが無かったため大変新鮮で面白かったのでその様子をメモ.

NTT研究所 「ぶるなび活用アイデアソン」 開催! | Peatix

参加した背景

同じ大学の友人@kuroshun96から「NTTの先端研主催のイベントがあるぞい」という情報を教えてもらったのがきっかけ.アイディアソンにそもそも参加したことなかったし,NTT,しかも研究所の人達が主催するイベントなんてこれまで見かけたこともなかったから興味本位で気軽に参加登録.@kuroshun96氏と僕を含め,大学の友人4人で一緒に参加してきた.

アイディアソンの様子

司会の方がアイディア出しやまとめ方はこんなやり方がありますよ〜っていうの説明しながら進めていった.

チームビルディング

チームは一緒に参加していた友人たち4人で組んだ.他の参加者の方々も適当に3,4人で1つのチームを組んでた.僕らは元々お互いを知っていたから,コミュニケーションにかかるコストが小さかったのは助かった.

アイディアの発散

ポストイットにとにかく思いつくことを挙げていく作業.ここが1番苦労した箇所.アイディアを挙げていくのはいいのだけど,どうしても「ぶるなび」の「ナビ」のイメージが強すぎて移動に関するアイディアが大半でなかなかみんなが納得するものが出てこない.メンバー内の目標として「ナビ以外の使い道を考えよう!」を掲げ,何としてでもナビから離れれることを意識してた.ちなみにこの時点で出ていたアイディアは

  • 災害時の避難経路の誘導
  • 歩きスマホしながらでも誘導してくれる
  • 居眠りしそうなときに引っ張ってくれる
  • LINEのスタンプのような感覚で,感情表現に使う
  • スポーツのフォーム矯正

上記のようなものが出てた.僕個人としては4つ目のアイディアで,触覚から得た情報を絵文字やスタンプみたいに気軽なコミュニケーションに使えたら面白そうだなーと思ったのだけど具体的な案が思いつかず結局ボツ(ただ名前だけは「愛たくて愛たくて震える」ってすでに心の中で命名してた.愛情のコミュニケーションとして使いたかったゆえのネーミング)

ぶるなび体験

アイディア出しをしている途中でぶるなびを実際に触って試す時間があった.一方向に引っ張れるぶるなびはこんなかんじ.

f:id:alice345:20141104014942p:plain

二方向(全方位)に引っ張れるぶるなびは丸形だった.

f:id:alice345:20141104014826p:plain

想像以上に引っ張られる感覚が強くて驚いた.ただ触り方によってはその感覚が強く感じたり弱く感じたりで,どの方向に引っ張られてるかはっきりわかるというわけではない.だが力覚を刺激されるデバイスを使うのは初めてだったのでついはしゃいでしまった...

アイディアの収束

これまでに出したアイディアを分類,まとめることで具体的な形に落としこんでいく段階.このまとめていく作業の途中でふとチームメイトのあるツイートを思い出す.

ここで 「ぶるなび触ってる感覚は他の人と共有できないから,セキュリティにもしかしたら使えるのでは?」 と提案したらみんな面白いって言ってくれたので,今まで考えていたやつを全て放棄しこのアイディアに注力することを決定.具体的な利用例としては銀行とかのワンタイムパスワードとか二段階認証のときに配信される文字列をぶるなびによる上下左右の動きで代用できるのではないか,というのが出てきた.時間があったらもっとよさ気なのが出てきたかもしれないけど,ギリギリになって出てきたアイディアだったのでここでタイムアップ.

プレゼンテーション作成

最後の発表に向けての資料作成.これも作成にあてられる時間が滅茶苦茶短くて,形にするだけで精一杯.スライドの構成よりも 「このアイディアの良さが伝わるためのポエムを考えよう!!!!!!!」 って僕がポエムを推してたせいで,ポエム考える時間になってた気がする.

発表

発表のときに使った資料がこちら.

team_c.pdf // Speaker Deck

他のチームでショートコントみたいなことをやって,アイディアの利用例を説明しているところがあってうまいなーと思った.ハッカソンとかだと実際に作ったプロダクトみせればよいけど,こういうアイディアソンだと具体的なイメージがつきにくいから余計にそういう演出あったほうがウケがいいなーと感じた.今度やるときは真似させてもらう.

賞を決めるのはA~Iの9つのチームがあって参加者が一人一票(全29票),NTTの人が一人二票(6人だったので計12票)投票するシステムでみんなの前で開票された.参加者の投票ではどのチームの得票も同じくらいだったのだけど,僕達のチームがNTTの方々から5票もらって最後に逆転して優勝&NTT賞をもらうことができた!超うれしかったですね,ホントに...

懇親会

NTTの研究者の方々や参加者のみなさんと交流深めてきた.特に研究者の方と交流する機会は今までなかったので,色々お話聞けてよかった.このときに各チームのアイディアに審査ポイントを聞いたのだけど,僕達のチームは「ナビ以外の使い方で,しかも認証に使うというユニークなところ」が評価してもらったようだった.研究者の方々に「私達が考えつかなかった新しい発想だった!」と褒めてもらえてリップサービスが含まれてたとしてもとても嬉しくて,メンバーのみんなは帰り道にてずっとそのことで喜んでた.チームの方針として「ナビ以外の使い道を考えよう!」というのをブレずにやれたのが報われた.懇親会の時間すぐに過ぎてしまって,あまり多くの人と話せなかったのだけど普段自分がいるコミュニティの方々との会話は面白かった.

所感

新しいデバイスを触るのはワクワクするなーというのと信頼できる人達と1つのものを考えるのはめちゃくちゃ楽しいなーと実感.あと今まではWebが好きでずっとそっちの領域に手を出すことが多かったのだけど,研究者として面白い技術について突き詰めるのもいいなと前からずっと考えていて,実際に最先端の研究をしている方々からその様子を聞けたのは大きな収穫であった.通信やコミュニケーションの分野は興味あるけども研究室配属もされてないし分からないことが多いので,これからはWebだけでなくそういった分野でも色々足を突っ込んでみようと思う.

参考URL

先端技術総合研究所:NTT HOME

NTT R&D フォーラム 2014:振動を利用して“手を引かれる感覚”を再現、歩行ナビに応用 (1/2) - EE Times Japan

指でつまむだけで力覚を提示、NTTが「ぶるなび3」を初披露 - 家電・モバイル - 日経テクノロジーオンライン