読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダブルコード 読書記録1

プログラミング

インターン先の上司から「こんな勉強会あるみたいだけど,キミにちょうどよいのでは?」ってことで紹介してもらった「リーダブルコード勉強会」に6月22日に参加予定です.
SEゼミ | プロフェッショナルを目指す学生のためのインターン | プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉強会
プログラミング好きな学生のためのリーダブルコード勉強会を開催します!! - SEゼミの運営日記 sezemi's diary

参加するとリーダブルコードが無料でもらえるってことで,ひょいひょいっと応募したら参加できることになった.自宅にリーダブルコードが届いたので勉強会にそなえてちゃんと読もうとおもう.あと読むだけだと僕の場合はすぐに忘れてしまうので,「この部分はすぐに真似できるな」とか「何を言いたいのかよくわからない...」って部分は適宜このブログでメモする.
以下,書き殴ったメモ.

限界値を明確にするには,名前の前にmax_やmin_をつけよう
ブール値の変数名は,頭にis・has・can・shouldをつけてわかりやすくすることが多い
最善の名前とは,誤解されない名前である
名前を決める前に反対意見を考えるなどして,誤解されない名前かどうか想像してみよう

似ているコードは似ているように見せる
コードを「段落」に分割する

ひどい名前はコメントをつけず名前を変える
コメントはひどい名前の埋め合わせに使うものではない

優れたコメントというのは「考えを記録する」ためのものである
コードは絶えず進化しているので,その過程で欠陥を生む運命にある.その欠陥を文書化することを恥ずかしがってはいけない
短い適切な文章で構わない.何もないよりはマシだ