読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nodebrewを使ってNode.jsの環境を構築

Node.js

前回の記事でHomebrewを使ってNode.jsを構築する方法をメモしたけれども,その後
Rubyでいうrbenvみたいにバージョン管理するやつが欲しいな」と思って探したら,nodebrewというよさげなものを発見.(他にも幾つかあったけど,zshとは相性が良くないとかいうのがあったのでコレにした)

1.nodebrewをインストール

$curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

f:id:alice345:20140111233307j:plain

2.PATHを通す..zshrcに以下を追記

$export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

3. .zshrcを反映させた後,nodebrewの設定ができたか確かめる

$nodebrew help

f:id:alice345:20140111233710j:plain

4.node.jsの最新版を確認

$nodebrew ls-remote

f:id:alice345:20140111234343j:plain

 

0.11.10が最新らしいけど,Node.jsのブログのほうに0.11.10は不安定版だとあるので,0.11.9を使うことにする

5.node.jsのインストール

$nodebrew install-binary v0.11.9

f:id:alice345:20140111235243j:plain

 

6.インストールの確認

$nodebrew ls

f:id:alice345:20140111235457j:plain

0.11.9がインストールされていることがわかる.まだインストールしただけでバージョンを適用させていないので,current:noneとなっている

7.バージョンの適用

$nodebrew use v0.11.9

これで自分の好きなNode.jsのバージョンを切り替えて使えるようになった.

参考にさせて頂いたサイト

node.jsのversionを管理するためにnodebrewを利用する - Qiita [キータ]