読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第3回ゼミまとめ

回路のノイズを減らす方法

PN系列と送信データを乗ずるときになぜ排他的論理和を用いているのか

掛け算と論理回路の排他的論理和というのは出力結果が一緒

普通は排他的論理和等の論理回路で演算を行なって,最後に出力用の数値に変換する

あと掛け算回路はちょっと高い

ダイバーシチの重みの変化はどうして遅くても大丈夫なのか

干渉が変化すれば,重みを変えなければいけない.しかし干渉が変化するといっても歩いたり,車で移動したりするときの変化には高速に対応する必要はない.たとえ重みの平均の算出に1万回の計算を必要としても,計算自体は遅くても数秒あれば終了するから計算速度に関しては気にする必要は無い.