「Railsの教科書」を読みました

五十嵐邦明さん(@igaiga555)さんから「Railsの教科書」を献本して頂いたので読みました.

tatsu-zine.com

本書の紹介

Railsを使ったWebアプリケーション開発の第一歩について解説しています. ミニブログアプリを作りながら「scaffoldとはなにか」「Model VIew Controllerそれぞれの役割とは」のような基本的な部分について学べます.

特徴としては,元々は文系学生への講義資料ということもあって全くの初心者を置いていくことなく読み進められます. またフレームワークとしてのRails解説だけでなく,はじめのほうに「そもそもWebアプリとはなんぞや」といったことについても簡単な説明があるためWebアプリを作るのが初めてという人でも大丈夫な内容になっています.

CRUDの基本動作の解説が主なので詳しい部分まで触れていませんが各章の最後にRailsGuidesへのリンクがあるのでそこから補完するか,RailsTutorialをやってみるのがいいでしょう.

対象読者

なにかしらのプログラミング言語を使ったことがある人であれば最後まで読み進められる内容になっていました.

  • プログラミングの文法については授業で習ったのでWebアプリを作ってみたい
  • Railsの名前は聞いたことがあるけど,どんな仕組みなのか全く知らない

といった人によいかと思います. 個人的には高専時代の自分に教えてあげたいです.

本を読んだらRails寺子屋に参加してもう一歩ステップアップするのもアリだと思います. この勉強会は著者の五十嵐さんが主催しているため,本では分からなかった部分や個人的に作っているRailsアプリ作りの相談が気軽にできます.

rails.terakoya.io

逆にすでに業務や個人的な開発でRailsを使っている,あるいは独学でRailsTutorialが進められるような人には物足りないかもしれません.

所感

このRailsの教科書には五十嵐さんにレビュアーとして誘っていただきほんの少しだけ携わらせてもらいました. レビュアーといっても誤字脱字とかそんなレベルの指摘しかできず貢献できたのかと言われるとは怪しいですが... レビュアーは初めての体験でしたのでとても良い経験になりましたし,誘っていただいたのは本当に嬉しかったです. ありがとうございました.

高専カンファレンス100の懇親を支える技術

高専カンファレンス100 in 東京 - 高専カンファレンス Wiki

実行委員長の@marin72_comに誘ってもらって高専カンファレンス100の実行委員をしていました.僕はそこで1日目の締めである懇親会の責任者を担当.役割としては懇親会の責任者のみでしたが参加者の懇親全般についておもうところがあったので考えたことや反省点について書きます.

目的

最初に参加者同士の交流について考えたときに僕が理想とする高専カンファは 「初対面の人同士の交流が活発なカンファレンス」 でした.

僕自身,一般的な懇親会(立食形式で自由に色んな人と話すやつ)があまり得意ではないです.もともと顔見知りの人とずっと会話してしまったりだとか,他の人と話したいけど発表者以外の人だと話かけるきっかけがつかめず最後まで話かける勇気がなくて終わってしまうパターンが多かったので今回の高専カンファでは「話しかけるためのきっかけを運営側で用意する」ということを考えていました

Twitterアイコンシール作成

DoorkeeperにTwitterアカウントを紐付けている人には,プロフィール画像をシールにしたものを配るといったことをしました.「アッこの人Twitterでは観測したことあるぞ!」というのを分かりやすくしたかったのです.

Doorkeeperでの受付を始めたあとに「Twitterアイコンシール作りたい!」と僕が言い出してしまったために参加者のTwitterプロフィール画像をどうやって集める問題が発生してしまったのですが,雑にスクリプト書いてDoorkeeperとTwitter連携させてる部分から画像取ってくることにしました.Twitterなどでの告知もして最終的には140/200人のアイコンシールを印刷しました.

シールに関しては以下のものを購入.

www.amazon.co.jp

反省点としましては

  • Doorkeeperの受付の際にTwitterのユーザー名を入力する項目を設置しておけばよかった
  • 我が家のプリンターがだめだめで赤色がうまく出力されなかった

といった点が挙げられます.

全国高専マップ

f:id:alice345:20151220235228j:plain これは自分の出身高専を付箋で貼り付けて参加者の出身地を可視化するというもの.地方出身の人が多いので「どこの高専出身ですか?」が最初の会話として使いやすく,これも会話のきっかけになったらいいなぁと思い設置することにしました.見てみると関東・関西・北海道の参加者の方が多いようですね.東北地方の少なさよ.

懇親会

食事

電通大生協に150人分の食事とソフトドリンク,また会場の設営・撤収を依頼していました.実際の参加人数は学生が62人,社会人が79人の合計141人.参加費は学生500円,社会人2000円と設定していました.

分量としては食べ物飲み物ともに若干あまり気味.学生からすれば妥当,社会人からすれば値段とは吊り合わないだったのではないかと勝手に予想しています.

生協のほうには「150人分の食事で1人当たり1000円相当.未成年が多くいるのでソフトドリンクのみ」という依頼をしていました.もともと新春カンファのときの人数比を元に参加費を決定していて想定よりも社会人の比率が多かったため(学生の参加を倍は見込んでいた)にこういったかんじになってしまいました.

名刺裏サイン会

f:id:alice345:20151219233147p:plain 一番最初に「ステッカー交換会」とかステッカーを元にした交流をできたらいいなーと僕は考えていたのですが,予算や手間的に厳しそうとなってどうしようと困っているときの他の実行委員のメンバーが「交流した人同士でサインするのはどうだろうか」とアイディアを出してくれてそれがきっかけで今回の「名刺裏サイン会」が行われることになりました.

懇親会直前に全員にボールペンを配って「ぜひこの懇親会で初めて会う人にも話かけてサインをもらっちゃってください!」てのを事前にアナウンスして,懇親会中に参加者同士がワイワイサインし合うのを目論んでいました.

結果的にはめちゃくちゃ盛んというほどではなかったけど,現役高専生とか今回のカンファが初めてという人はは割と色んな人からサインもらいながら交流してくれていてよかったですね.逆に高専カンファに慣れていて周りに知り合いがいるってOBの方々はあんまり使っていなかったみたいだなぁという印象.

僕個人としては初対面の人に何も考えずに「せっかくなんでサインもらっちゃっていいですか?」と軽いノリで会話のきっかけを作れたのでめちゃ便利だと思いました.

反省点としては

  • 僕の滑舌が悪くてサイン会の説明についてうまく聞き取れなかった人がいた
  • クロージングのときにスライド使って説明しておくべきだったかも
  • 景品を電通大饅頭じゃなくて鬼太郎饅頭とか調布感あるものにしたかった

ボツ案

ステッカー交換会

ステッカーを4,5種類用意して参加者には1種類だけ配る.交流した人は他の種類のステッカーをもってる可能性があるので色んな話しかけて全種類コンプリートを目指す.デザイナーさんの手間とステッカー印刷代のコストが高すぎるのでボツ.

Tシャツに落書き

発表してくれた人に無地の白Tシャツプレゼントしてそこに感想とか書き込んでもらう.発表者全員分のTシャツを購入する予算が無くボツ.

昼メシぼっち対策

2日目はお昼休憩を挟むのでそのときにせっかく参加者がたくさんいるので,できれば周りの人を誘ってメシに行って欲しいと考えてました.事前にスタッフには「電通大周辺の日曜日もやっている飲食店」を共有していて「ぜひ周りの人を誘って行ってみてください〜」とゆるくお願いしていました.ただその情報の参加者への共有はしないという判断をしました.その代わり「電通大周辺はいいかんじの飲食店が少ないので,西友かコンビニで買ってくることを推奨します」という旨のツイートを流していました.

結果的にその判断は間違いだったのではないかとおもっています.僕はコンビニで買ってきたおにぎりがあったので教室内で食べるつもりだったのですが,入り口付近でメシの知見がなくてどうしようと困ってる人たちが何人かいたのでその人達を誘って一緒にそらまめに行きました.

2次会について

運営のほうでは1日目の懇親会の終わりに2次会に関する案内を特に行いませんでした.理由は50人以上の規模の2次会セッティングが面倒だった&年末で店を取るのが厳しかったという完全に僕の怠慢です.すみません.2日目の完全撤退の後に少人数で飲みにいったのですけどすごい楽しくて「あぁやっぱり高専界隈で酒を飲みたい」と思った次第です.

所感

「ここまで手取り足取りやる必要ないのでは?懇親したい人なら自分から勝手に話かけにいくだろ」と感じるのは当然至極だとおもいます.ただ僕にとっての高専カンファは「高専生にとって最も発表の敷居が低いカンファレンス」であるので,今回のカンファでは交流面でも「高専生にとって最も交流の敷居が低いカンファレンス」にしたいと考えていたためにこれまで書き連ねたような企画を実行した次第です.参加者の方々が「カンファに参加したのは初めてだったけど色んな人と話せてよかった」「普段参加する勉強会と比べると交流がしやすく楽しかった」と感じてもらえたならば実行委員冥利に尽きます.

最後に

実行委員長をはじめとしてカンファ100実行委員のみなさまお疲れ様でした.中でもデザイン担当の@denari01くん,@kaziki2さん,受付担当の@cathy044さん,鋭い指摘をして頂いた@crimsonwoodsさんには特にお世話になりました.ありがとうございました.

Windows用パッケージ管理ツールChocolateyを導入

Chocolatey Gallery

PowerShell使って公式にあるChocolateyインストールコマンドを実行

PS:>iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))

するとスクリプトが実行できないという旨のエラーが.

f:id:alice345:20151106193303p:plain

とりあえずヘルプを参照してみると,どうやらPowerShell上でスクリプトを実行するには実行ポリシーを変更してやる必要があるようだ.

f:id:alice345:20151106194508p:plain

実行ポリシーをRemoteSignedに変更するためのコマンドset-executionpolicy remotesignedを実行するとまたしてもエラーが. f:id:alice345:20151106194656p:plain

実行ポリシーが変更できない.このエラー文でググッてみたところこのコマンドを実行するためには管理者権限でPowerShellを起動する必要があるらしい.

羽岡哲郎ブログ: PowerShellのスクリプト実行が拒否される問題を解決

管理者権限でPowerShellを起動し,再度実行ポリシーを変更するためのコマンドset-executionpolicy remotesignedを実行したところ今度は変更ができた

f:id:alice345:20151106195520p:plain

この状態でChocolateyをインストールするコマンドを実行すると,正常にChocolateyがインストールできた. f:id:alice345:20151106200210p:plain

シェルを再起動してchoco -vとかするとインストールされてることが分かる.

氷菓の聖地巡礼に行ってきた

氷菓」のアニメがとても好きで(小説も同様に好みなのだが)前々からその舞台を訪れたいと考えていた.そんなかんじのことを@Maenoxと話していたら「じゃあ行くぞ!!!!!」ってなって9月4・5日の一泊二日で岐阜観光をしてきたのでその様子を残しておく.

アニメ版氷菓の主な舞台は岐阜県高山市.市のほうで氷菓聖地巡礼のためのマップをしており,今回はそのマップを元に回ることにした.

最初に訪れたのは飛弾生きびな祭が行われる飛弾一宮水無神社.写真は構図とか全く気にしてないので毎回適当. f:id:alice345:20150906222552p:plainf:id:alice345:20150906222825p:plain

千反田えるごっことかできて便利.

最終話で出てくる桜も撮ってきた.今は全くシーズンじゃないからアレなんだけど,生きびな祭のときに見れたらさぞ綺麗だろうな.おみくじを引いたら大吉.大吉率が高いと聞いたのだが本当だろうか. f:id:alice345:20150906223206p:plain

そこから高山市市街のほうへ移動してマップを頼りに散策.二十数箇所作中で出てきば場所が示されていてそれらの大半が徒歩でシュッと行けてしまうので気軽.

朝ごはんを食べてなかったのでバグパイプで軽くモーニング.えるが注文していたウインナーコーヒーを注文しました.アニメ同様店内のレトロな内装が凄まじく素敵. f:id:alice345:20150906225128p:plain

それから川沿い中心にぶらぶら歩いてた.観光地なだけあって結構人がいた.でも氷菓のパンフレット持ってる人には1人もすれ違わなかった... まあアニメ放映からかなり時間経過してるからね. 市内の一部では城下町時代が残っていて古い町並みがいい雰囲気.川沿いも歩いていて気分がよかった.

f:id:alice345:20150906224226p:plain f:id:alice345:20150906225324p:plain f:id:alice345:20150906225515p:plain f:id:alice345:20150906225628p:plain f:id:alice345:20150906225853p:plain f:id:alice345:20150906230702p:plain f:id:alice345:20150906231733p:plain

中心地から少し離れたところに荒楠神社のモデルになった神社があったのでそこにも行った. f:id:alice345:20150906231353p:plain f:id:alice345:20150906231448p:plain f:id:alice345:20150906231610p:plain

歩き疲れたら折木と入須先輩が行っていた喫茶店で休憩.抹茶とわらびもちを頂きました.美味かった. f:id:alice345:20150906232344p:plain f:id:alice345:20150906232601p:plain

翌日は7話の温泉回に出てきた平湯温泉へ移動.えるたちが入浴していた平湯の湯に浸かったのだけどとにかく最高だった.ずっとえるのこと考えてたけど湯あたりしないでよかった.無料の休憩所も隣接していて気軽にのんびりできる.バスを降りていたところのアルプス街道平湯も見てきました. f:id:alice345:20150906233231p:plain f:id:alice345:20150906233336p:plain f:id:alice345:20150906233518p:plain

千反田えるごっこの様子

f:id:alice345:20150905081828j:plain f:id:alice345:20150905104703j:plain f:id:alice345:20150905105502j:plain f:id:alice345:20150905124109j:plain

総括

観光地として楽しめたのはもちろん,好きな作品の舞台のいいところを実際に体感できたのは紛れも無く最高の体験. 氷菓を観た人で旅好きならかなり楽しめると思う.特に温泉には絶対に行って欲しい. このエントリでは氷菓の作中で写っている部分を中心に記述したが他のところも見てきたのでそれは別のエントリにまとめることとする.

ありがとう氷菓,ありがとう岐阜

合わせて読みたい

maenox.hatenablog.com

22歳になりました

9月1日にめでたく22歳になりました.21歳の僕は特に変わりなく無事に過ごせていたので「よかったよかった」と安堵しています.

気持ちはまだまだ若者でいこうと思うのでよろしくお願いします!!!!!

そしてあざとくウイッスリストを公開します!

www.amazon.co.jp

氷菓の聖地巡り・行きたい場所

@Maenox と「氷菓の聖地巡り行くぞ!!!!!」みたいな話をしていて,楽しみすぎるのと岐阜県のこと全く知らないから調べてる.1泊2日の予定でいるので,舞台の高山市の他にも寄れたないいなと考えてる.

行きたい場所

kankou.city.takayama.lg.jp

http://ikibinatest.web.fc2.com/ikibina_hyouka/images/map/hyouka_map_a1.jpg

http://ikibinatest.web.fc2.com/ikibina_hyouka/images/map/hyouka_map_b1.jpg

tabelog.com

tabelog.com

minashijinjya.or.jp

宿とか温泉とか

www.sanso-yunosato.com

hirayuonsen.or.jp

ikibinatest.web.fc2.com

www.kankou-gifu.jp

www.okuhida.or.jp

まとめ記事

matome.naver.jp

所感

アイコンを千反田えるにしているからには気持ちを高めていきたい. 他にもおすすめスポットがあったら教えてほしい!!!!!!!!!!!!!!特に宿!!!!!!!!!!!!!!!

初めてコミケに参加した

コミックマーケット88の2日目に一般参加者として初めて参加した.コミケというか国際展示場に来たのすら初めて.目的はEVENTER NOTEと日本声優統計学会の新刊.

www.eventernote.com

日本声優統計学会

f:id:alice345:20150815171029j:plain

f:id:alice345:20150815165932j:plain

目的のものは購入出来て満足してる.イベンターノートの新刊のほうはすでに読んだ!インタビューが面白かった.僕はそういった類のイベントに興味をもって数ヶ月という超ルーキーというのもあって,考え方というか思考が僕と全然違ってこれからの活動の参考になりそう.接近イベント一度も行ったことが無いので興味あります.

時間のほうは,壁サークルとか企業のやつがほしいって訳ではなかったので12時過ぎくらいに友人と待ち合わせて行った.そんな時間だったので並ばずにススッと中に入れてよかった.元から買うつもりだったもの以外は特に何も購入しなかった.なんか今日は女性向けのやつが多かった印象(2日目になんのジャンルがあるのか把握してない).東と西をぐるーっと回って「なるほどコミケってこんなかんじなのねー」みたいな雰囲気味わってた.自分の好きなモノを形にするっていいですね.

昼過ぎでも人が多くて参っていたので,朝並んで参加してる人はすごい体力あるなという感想.たった2時間程度歩いて回っただけで僕はかなり疲れてました.

コスプレ広場(?)にもちょこっと顔だして,コスプレイヤーさん眺めてた.可愛いコスプレイヤーいっぱいで眼福.ガチな人が並んで写真取ってたのでスホヒョの僕は写真撮らずに眺めてただけ.色んな人がいて面白かったな.もっと気合入れてたらもっとガッツリ見て回ったのだけど.

所感としてはもっとサークルをチェックしてってもよかったかなーというかんじ.特に技術系で面白そうなことやってるところは他にもいっぱいありそうだったのでその辺りをチェックしてみたい.企業のほうも見てたけど今のところ特に欲しいものがあった訳ではなかったので,朝から並ぶことはまだ無さそうかなーと.壁サークルのほうはどうなのだろう.チェックしたら「絶対欲しい!!!」てのが見つかるかな.あともっと気持ちを強く持ってコスプレイヤーを見て回りたい.幸せになろう.3日目も音楽系とか美少女ROMとか興味あるものあるのだけど,金銭的に厳しそうなので今回は断念.

好きなモノを作っている人が好きなので,これからもこういったイベントと付き合っていけたらいいなと思いました.次回冬コミが楽しみです.