読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVEに参加した

これまで参加したライブの中で最も楽しかったと心の底から言える. デレマスの曲はどれも好きなのだけど,ライブ会場で聴いたら色んな想いが混じって涙出てくる. 楽しすぎて笑いながら泣いたり,鳥肌の立ちすぎて体が痺れて動かないといった生体反応が出てきた.

全てのパフォーマンスが僕の予想していた以上のもので,今の感情を文章に,いや言語にするのも難しい. さっきから「サイキックほんま無理」しか口から出てこない.

でもとにかく最高の出来事だったので少しでも書き留めておきたかった. ありがとうアイドルマスターシンデレラガールズ

DMM英会話を3ヶ月ほど続けたので所感とか

eikaiwa.dmm.com

インターネットフレンズとのSkypeだと,毎日やるのは申し訳ないし時差とかも考えなきゃいけないから面倒だなと思って金を払って英会話を学ぶことを決めて3ヶ月ほど経ったので所感書く.

DMM英会話はプランがいくつかあって,僕が選んだのは「第2母国語が英語の人たちと一日30分話せるコース」. ネイティブスピーカープランはガッと値段が上がるので手が出なかった. 正直違いも分からないレベルなので,この選択に関しては問題なさそう.

学習のタイミングとしては大学から帰ってきてからなので夜にやることがほとんど. 日本時間の深夜0時でも講師の人はいくらでも選べるので便利. ただやはり人気な先生は予約埋まるのが早くて,夜遅くにやろうとするとスケジュールが埋まってるということが多々ある.

一応ほぼ毎日やってるんだけど,酒のんで帰ってきた日,帰省してるとき,インターン前半のときとかはサボってた...

講師の人はフィリピンとセルビアの人がかなりの割合を占めている印象. 僕は女性しか指名しないと決めているのだけど,毎日30分女性と話せるので嬉しい. 個人的な好みの話をするとセルビア人の女性のほうが好みなので最近は「セルビア 女性 20代」で検索して指名してる. 金髪は本当にいいですね... 会話するときはビデオ通話なのだけど,プロフィール写真より可愛かったりすると超テンションあがる. 一昨日指名したジナさんはプロフィール写真よりずっと可愛くて巨乳で最高すぎた. 会話中何度も「スクショ撮ろうかな...いやでも流石にそれは...」とか考えてたら30分終わった.諸行無常

最初の自己紹介でアニメを観るのが趣味って言うから向こうからどんなアニメが好きなの?って質問が結構な割合でくる. そこで「アイドルマスター」とか「氷菓」,「ごちうさ」とか言うと何だそれは全然知らねぇみたいな顔される確率が100%. たどり着いた結論としては,アニメの話を振られたときには「FULLMETAL ALCHEMIST」「ATTACK ON TITAN」とか言うと知ってる人がちょくちょくいて会話が広がるので楽しい. このとき調子に乗って進撃の巨人の劇伴の話して置いてけぼりにしてしまうと,「あぁまたやってしまった...」となるので注意. ちなみに今日もそれやった.反省してる.

実際に成果のほうはどうなのよ,と言われるとちょっとよくわかんない. ナナシスオタクのアメリカ人の友人がナナシスのライブ&アニサマのために日本にくるっていうから「じゃあ一緒に『君の名は。』でも観に行こうぜ」つって一緒にいったときに英語で会話した. ちなみにナナシスオタクの友人(そいつもアメリカ人)も一緒にきてたから話そうとしたんだけど,シュッとスマホ取り出したと思ったらナナシスのゲーム始めてあんまりコミュニケーション取れなかった. でもトライアドプリムスのスマホケース付けてたから絶対いいやつだと思う. ナナシスオタクは普通に日本語ペラペラで,僕がてきとうな英語喋ってもかなり意味を汲んでくれるので助かるのだけど果たして僕の英語はどうだったのか...

可愛い女性と毎日話せることサービスに対してお金を払うのはアリだなと思っているのでもしかしたらプランを引き上げるかもしれない. 金を払うと美人金髪女性と1日1時間以上会話できることになるのか... もしネイティブプランに引き上げたら,イギリス人金髪ウーメンと会話できんの?!?!?ヤバイ!!!!!!

gyazo.com

クックパッドサマーインターンシップ2016に参加した

f:id:alice345:20160903122626g:plain

8月10日から9月2日の間,クックパッドのサマーインターンシップに参加してた.

recruit.cookpad.com

Webサービス開発講義

前半の7日間はサービス開発に用いられている技術の基礎の部分についての講義を受けた. 特に印象に残ってるのは「サービス開発」と「プログラミングパラダイム」の講義.

サービス開発の講義は唯一コードを書かない講義. すでに設定された価値仮説のもとユーザーストーリーを作成,そのユーザーストーリーを実現できるようなプロトタイプをつくりユーザーインタビューを通して価値仮説が正しかったかを検証する一連の流れを実際に体験した. プロトタイプをinvisionで作った段階では「これならユーザーに喜んでもらえるだろ!」と自信がそこそこあった. だが実際にユーザーにインタビューしてみると「いや,この機能あっても多分使わないですね...」みたいな反応が返ってきてマジかってなった. インタビューを進めてみるとユーザーストーリーの部分に難があって,実際のユーザーの思考と僕らの思考の違い(今回は料理を普段作る人かどうか)が顕著に出てきていた. 最後に総括があったのだけど,「どのチームも価値仮説を設定した際のユーザーの欲求を満たすべきプロトタイプを作るということを忘れていて,本来の目的ではなく手段に囚われすぎていた」みたいなことを言われてまさにその通りだった. 講義で本来の目的を見失わないようにと言われていたにも関わらず,どのチームも見事にできていないようだった.むずかしい. もしこんなことを実際のプロダクトでやってしまったら「誰も使わない機能を実装して開発者だけが勝手に喜んでる」ということになっていた.

プログラミングパラダイムの講義ではコンパイラのコードジェネレーターを実装した. 言語処理系を触ったことがなかったのでドキドキしてたのだけど,実装している間は楽しかった. ただ途中の最適化の問題で滅茶苦茶悩んで,そこでタイムアップ.10問あるうちの9問まで解いた猛者もいたみたい. 講義のはじめに講師の青木さんが言っていた「すぐに役立つ知識はすぐに役立たなくなる.3年後に役立つ知識をこれから教える」というのが印象的.

サービス開発実習

事前の面談で「ユーザー体験に関わる開発ができるところがいいです」といっていたので,技術部UXデザイングループというところに配属されて2週間働いた. 業務では主にRailsを書いていて,とにかく自分の実力不足を痛感した. 技術的に分からないことが多くて,@adorechicさんや@moroさんに相談して助けてもらうことばかりだった. 最初にメンターの方とある機能をリリースしようという目標を立てたが,結果的に社内でのユーザーテストまでしかできなかったのは本当に悔しかった.

でも分からないことを学んで,新たに吸収することはできたと思っている. 前半でもクックパッドにおけるサービス開発の手法についての講義があったけれども,実際に価値仮説からそれをプロダクトの仕様に落としこむまでのGitHub Issueとか面白かった. どれだけユーザーに価値を届けるかという部分にフォーカスしているのかを感じ取ることができた. あとはTDDをこれまで実践したことがなかったのでそもそもどうすればいいのか知らなかったりスラスラ書けなかったりしたのだけど,@adorechicさんに概念的な部分やそれぞれのテストの役割を教わったり,@moroさんとペアプロっぽいかんじですすめることができたのでインターン終盤では大分慣れてきた.

今回のタスクで関わった人たちとは気持よく仕事ができた.

その他

  • インターン生は前半20人,後半10人(日程が合わなくて僕が一緒だったのは8人だったけど)いたのだけど,みんな得意分野が違ってて面白かった
  • 特に京都の人たちは面白くて,ずっとゆゆ式とかアイマス,鴨川の話してた気がする
  • 開発基盤に配属されてたインターン生は本当に凄かった
  • 社内にあるキッチン,お飾りだと思ってたらお昼ご飯をキッチンで作ってる人が多くて驚いた
  • 「普段のおかずは茹でた鶏肉にポン酢を付けて食べることでカバー」「塩少々って書いてあったから小さじ一杯入れた」という普段の食生活を申告したら皿洗い係になることが多かった
  • 既婚者エンジニアを見るたびに「結婚のコツを教えてください」って聞いてた
  • 既婚者エンジニアは学生時代から付き合ってる人と結婚したというのが大半らしくて絶望してる.
  • メンターの方に「mirakui VPルート」なるものを教えてもらってやっていく気持ちが高まってる
  • もともと人と話すこと自体は好きなんだけど,語彙が少なくてコミュニケーションがうまくとれない僕にかまってくれる人が多くて嬉しかった.
  • ゆゆ式に対応してた

お気持ち

実力不足から圧倒的成果は出せなかったけれども,確実に自分の成長に繋がると思えたよいインターンだった. それに加えてまた一緒に仕事がしたいと思える人たちが見つけられたのがよかった. このインターンでは教わることばかりだったので,対等に仕事ができるような関係になれるようにこれから頑張っていきたい.

マシな生活を目指して

僕の基本的な食生活としては

といった具合が続いていて,元々「このままではヤバイのでは?」という危機感はあった. 一人暮らしを初めてからずっとこんな調子だったわけではなくて一時期料理本を購入して自炊をしていたときもあったのだけど,研究がバタついて晩ごはんを研究室で食べることが多くなったりすると自炊が続かなかったのだ. つい数日前から白米オンリー生活からの脱却を図ろうとしている. 脱却を図ろうとした理由は主にこんなかんじ.

  • @hokkai7goさんに「夏だからこそ肉を食べよう!」というアドバイスをもらっていた
  • ランニングに加え筋トレも習慣化したいと思っていて,今の食生活では効率よく鍛えられないと思った
  • 甘々と稲妻1話を見た感想「Cooking Solves Everything」

料理本を買って自炊に挑戦してたときに肉じゃが,青椒肉絲,親子丼とか肉を使ったオーソドックスなメニューを作ってはいたのだけど自身の経験の少なさから時間がメチャかかるのと,多めに作ったつもりでも2日もすれば食べきってしまってどんどん作るのがしんどくなってきたという過去もあり,とりあえず肉を使った料理は置いておこうと判断. 全く野菜を摂取していなかったのでキャベツとかきゅうりを刻んでドレッシングかけて食べることから始めた. まぁこれまでは野菜0生活だったしそれに比べればマシだろう.

一昨日この増田読んだ

anond.hatelabo.jp

常備しておきたい食材の「鶏むね肉」の項があぁぁああぁあぁ〜〜〜〜なるほど〜〜〜〜〜〜ってなった. 低価格低脂肪高タンパクはまさに僕が求めていた食材. さらに「食材を冷凍して使い回す」というのが僕がこれまで全く考えてこなかったことだった. そうか,冷凍しておいて使いたいときに解凍すればいいのか... 白米は度々冷凍していたが,それ以外の食材の冷凍はしておらず. その日のうちに鶏むね肉と豚バラブロック買ってきて動物性蛋白質の摂取に成功している.

  • 食費を抑える
  • 栄養補給を行う

この2点においては特に意識してこれからやっていこうとは思ってるけど,いきなり毎日自炊とか無理なんで週3回は自炊したもの食べるようにして惣菜とかカップ麺で済ませて時間が浮いた時に自炊で必要な買い物したり下準備っぽいことをやるつもりでいる.

筋トレも今まで腹筋背筋は自重だけでやってたんだけどあんまり効果が上がらないかんじがあって,大学のトレーニング施設を週に数回使っていこうとしている. 先週今まで使わない筋肉使ったら筋肉痛がひどい.特に肩まわり.まだ残ってる. 筋トレも食生活も結局は自分自身の肉体に返ってくることで,自分の肉体とは死ぬまで付き合っていかなければいけないのにこれまで肉体との対話を疎かにしていたことを反省している.

「肉体との対話」で思い出したのだけど,インターネットで「内なる島村卯月と対話せよ」って文字列を見かけてから出来る限り"内なる島村卯月"と対話するように心がけてる. 僕の中の島村卯月が「がんばります!」って笑顔で言ってるのに関わらず,僕自身が堕落した生活をしていると彼女に面目が立たなくなるので. あとまだ僕の中の"島村卯月"のイメージがまだ弱くて,完全に彼女とコミュニケーション取れる段階にまで達していないので誰かデレマス鑑賞会しましょう.

「昨日より少しマシな生活」を合言葉にしてQoLを徐々に上げていくぞ.あと甘々と稲妻早見沙織さんは素敵だと思います.

SNS止めてる

ある朝起きたら「俺がSNSやってる意味あるのか!?」みたいなこと考えてしまって,カッとなってTwitterFacebookのアカウントを消してみた. Facebookに関しては友達でもなんでもない人の投稿がFeedに出てくることが多くてムカついてたのでスッキリしている. Twitterは今までどれだけ使ってたんだ...と思うくらいアカウント消したら手持ち無沙汰感がすごい. メシにいったりするときはTwitterでヒョイっと軽いノリで誘うことが多くて,それができなくなってしまったのは不便に感じる.

SNS止めた代わりに何か新しいこと始めたとこそんなことは全然ない.完全に実験的な試み. あと大学に行くときはiPhoneを自宅に置いていくっているのをやってるんだけど,普段時計を付けないから時間が分からなくなるという問題はあるけどそれ以外は特に困ることがないっぽい.

せっかくだし祈る時間を増やすとかやってみたい.

まんがタイムきららフェスタ!2016の話をしよう

きらら枠アニメのお祭り,まんがタイムきららフェスタ!2016に行ってきた.

僕が「きらら枠」という観点でアニメを意識し始めたのはきんいろモザイクから.ひだまりスケッチとかけいおん!も以前から観てはいたのだけど「枠」とまでは意識していなくて単なる日常系作品に一つという認識.きんモザごちうさも最初に観た時は面白いとは思えなくて,全く良さが理解できなかった.でもゆゆ式とかは初見からすごい好みだった.独特の空気感ね,ちょうすき.桜Trickもすき.百合姫作品じゃないのにあそこまでどストレートに百合だしてきてそれだけで好感度MAX.あれ,キルミーベイベーってきらら枠だっけ?わからん,まぁいいや放っておけ.AチャンネルとかGAは未視聴.

こんな具合で元から熱烈なファンてわけでもないし,数年経って熱烈なファンになったというわけでもない.ただ趣味嗜好が変わってきんモザとかごちうさを楽しめるようになって,今期の三者三葉やあんハピいいなぁと思いながら観ていた.きんモザごちうさ抗鬱剤.なんでなんだろうねぇ,突然スイッチが入ったように好きになってしまったんだよ.いや原因ははっきりしてるラビットハウスティーパーティーの映像を観せられたのが全ての元凶だ.花粉症と一緒できらら成分に対するリミットが各個人ごとにあるんだけど,僕の場合Petit Rabbit'sを摂取すると無条件でリミット外れるように設定されていたんだと思う.なんか話がズレてきたな.戻そう.

で,きららフェスタ夜の部に参加してきた訳なんだけど思っていた以上に楽しかったんだなこれが.アニメのイベント参加経験は両手で数えられる程度なので比較にならないのだけど,今まで1番満足度というかコンテンツに対する満腹感があったイベントのように感じた.途中で宣伝だったりちょっとしたミニゲームを挟んだりしていたけど.朗読劇がメインでどれも面白かった.アニメで聴いてる声がそのまま聴けるってすごいよ.どの声優さんの声も特徴的で素敵だし.いやーでも東山奈央さんの声は中でも別格だね,うん.彼女の声を聴くためだけにこのイベントに参加したといっても過言じゃない.今回のきららフェスタは全部で8つの作品が出ていて,全て朗読劇があったのだけど東山奈央さんが出ていたきんモザの朗読劇が1番楽しめたんじゃないかな?なんせほら,僕の本名が"アリス"だから.きんモザにもアリス・カータレットっていう金髪少女がいるじゃないですか.彼女の名前が他の声優さんたちから呼ばれるわけよ,劇中で.僕からしたら東山奈央さん,西明日香さん,種田梨沙さんから名前を呼ばれるのと同じなんですよ.嬉しすぎて顔の笑みが止まらず,手で口元を抑えながら嬉し涙を流しました.ありがとうございます,ありがとうございますと心の中で唱えながらね.この日ほど両親に感謝した日は無い.サンキューダディアンドマミー.他にはゆゆ式もよかった.パイオツをお揉みさせてください.脚本書いた人すごいなー.あのハイコンテクストな会話は永遠に観ていたい.ゆゆ式は唯一原作を買ったきらら枠の作品.二期の発表はまだ諦めてませんよ?あんなのみせられたら誰だって好きになっちゃうよゆゆ式...ズルいって...

ライブパートは三者三葉,NEW GAME,あんハピ,がっこうぐらしから1曲ずつ.NEW GAMEのOP,SAKURAスキップ聴いたの初めてだったのだけど,結構いい曲でびっくりした.絶対iTunesで買おう.三者三葉はOPも好きなんだけどEDのほうが好きだからそっちも聞きたかったのだけど残念.でもPUNCH☆MIND☆HAPPINESSを聴けたから全てを許したところあるよね.あの曲こそは完全に顧客が求めていたものである.田中秀和を信じろ.きらら楽曲オンリーのライブイベントとかあったりしないの?あったら親を質に入れてでも行きたいんですけど.

全体の印象としては前菜とかデザート無しでメイン料理をどんどん出されるカンジ.一つ一つのコンテンツでお腹いっぱいになるくらい高カロリーなんだけど,結局美味しくて食べちゃうみたいな.朗読劇の時間が長かったのは本当によかった.ああいった演技の一端を直接観られる機会って全然無くて,この濃密さを体感できて多幸感が半端じゃない.

作画について滅茶苦茶詳しいわけではないし,声優さんを全員把握したりとかプレゼント送ったりするまで好きってわけでもない,関連グッズを熱心に集めているわけでもなし.ファンとしてはえらく中途半端なポジションな「好き」なのだけど,それでも今自分がきららアニメを好きなことは変わらなくてまんがタイムきららフェスタ2016を楽しめた事実に変わりはない.誰もが楽しめるお祭りで本当によかった.ありがとう芳文社,ありがとうまんがタイムきららフェスタ2016.

英語を使う頻度を増やしてる

去年アニクラでごちうさ好きのドイツ人オタクと出会ってから,「外国のオタクとも楽しく話せるようになりたいなぁ」という気持ちがありまして.どっかのタイミングで「ヨッシャやっていくぞ!!!!」という勢いになって,以前よりも英語を使ってコミュニケーションを取る機会が増えています.それがなんかいいかんじなので現在の状況を記します.

前提

やっていく気持ちになる前の僕の英語力はTOEICでいうと500点,文法とかボキャブラリーのレベルでいうと中学卒業レベルといったところ.高専とか大学でも英語の講義はもちろんあったのだけど,全然真面目に受けてなかった...そんな具合なのでスピーキングのほうもお察し.

やってること

Lang-8

lang-8.com

これは外国語を学びたいユーザー同士がお互いに文章を添削し合えるサービス.僕の場合は母国語が日本語で学びたい言語が英語なので,母国語が英語で学びたい言語が日本語という人にフレンドリクエストを送りまくってる.フレンドになった人同士の投稿が目につきやすい仕組みになっているので,ガンガン他の人にフレンドリクエスト送るのがいいと思う.何十人ものユーザーが添削してくれるとはならないけど,毎回2人くらい添削してくれるからからそのフレーズを真似て新しい投稿するように心がけている.添削されるだけじゃなくて,自分もフレンドの添削してあげると吉.助け合いの気持ちが大事だと学べて良い.

不満があるとすれば

  • 添削するときのエディタが妙に使いにくい
  • iOS/Androidのネイティブアプリが無いから,モバイルから投稿や確認がやりにくい
  • Lポイントの存在価値が分からない
  • メッセージのやりとりがやりにくい

とかまぁ色々あるんだけど,ユーザーはいい人が多いし使っていて心が暖かくなるサービスである.

添削風景としてはこんなかんじ

gyazo.com

投稿する内容は他愛もないようなのが多くて天気の話とか二郎の話とか好きな作曲家の話とかしてる.日記みたいなもん.

Twitter

英語でつぶやくためのアカウントを作って雑につぶやいてる.こっちはLang-8以上にどうでもいいことしかいわない.なぜかアイマス好きな人を多くフォローする形になってしまった.フォロワーの中にすごい徳が高い人が何人かいて,質問に答えてくれたり間違いをしてきしてくれたりしてくれる.本当にありがてぇ...外国のオタク,アニメの観すぎで日本語覚えたとか言っててすごい.適当にリプライとかで会話してても全然理解できないってことは少なくて大体のことをわかる.話題がアニメとか声優っていうのもあるけど.bioに日本語が書いてあったりとかする人はわりと積極的に絡んでくれる気がする.あと僕の英語が酷い時は日本語を交えながら教えてくれるので大変助かります... あとDM,心遣いが嬉しすぎて泣いちゃったもんね.

gyazo.com

gyazo.com

gyazo.com

気の利いた言い回しとかは全然分かんないんだけど,中学レベルの文法でも普通にテキスト上でコミュニケーションが取れることが分かった.学び.あと「seiyuu(声優)」「tokuten(特典)」みたいな単語使ってて面白い.アイマス好きな人ばっかりフォロワーしてる影響で,デレステやってる人をかなり見かける.あとグラブルも人気っぽい.「デレステはまだ英語オプション無いから,英語圏の人にはまだ敷居が高い.グラブルとスクフェスは英語オプション付けてから周りでやる人かなり増えた」って話でなるほど〜ってなった.僕はゲームする習慣が全然ないタイプの人間だから,ゲームの話を一緒にできないのはちょっと寂しい.

リプライとかは大丈夫って話をしたけど,彼らの普段のツイートの内容をシュッと理解するのはまだ難しい.

Skype

Lang-8とかTwitterSkype ID公開してたら,今まで数人からコンタクト申請してきてくれたので時々話してる.リスニングが難しすぎる,本当に聞き取れねぇ.あとDMM英会話の教材テキスト使って,それを読む練習に付き合ってもらっている.自分の発音の練習とネイティブの発音になんとかして慣れようとしているところ.現状だと単語がなんとか拾えるレベルでスムーズな会話ではない."Could you please say it again?", "Could you type in the Skype's chat box?"あたりはめちゃくちゃ使う頻度が高い.すでに大学が夏休みに入っていてゲームのやりすぎで生活リズムが壊滅的なイギリス人,シリコンバレーでソフトウェアエンジニアとして働いているきららオタクとかいていつかリアルでも話してみたいなぁ.

スカイプでも話してる内容はアニメとかゲーム,声優の話題ばかり.他には単純に外国の文化のこととか土地のことを僕が全然知らないので,そのことについて質問することが多い.シリコンバレーがアメリカのどこにあるか今まで知りませんでした.あと新卒の年収が最低1000万なのも本当らしくてビビる.昼と夜にメシ出してくれるのも当たり前っぽいし...税金と家賃がえげつないのも本当っぽい.インターネットの記事でしかそのことを知らなかったから今まで疑ってた. 雑談は普通にできるけど,ちゃんと真面目に発音とかチェックしてもらったりとかはしないのでそれに関してはオンライン英会話とかのほうがいい気がしてる.DMM英会話はアカウントだと作ってやろうかどうか検討中です(経済状況に余裕ができ次第といったところ).あとは時差があるからそれも気にしなきゃいけない.

所感

英語の語彙や文法,スピーキング,リスニングといった基本的な能力自体は上がってないと思う.ただテキストベースでもボイスチャットでも意思疎通すること自体はそこまで難しくなくて「案外なんとかなる」といった感触を掴めたのは収穫かと.僕自身も高度な翻訳がしたいというより,実際に会ったときに楽しく会話がしたいというのが最終的な目標なので文法とかには拘り過ぎず積極的にコミュニケーションを取る姿勢でいくつもりです.1番の問題がリスニングなのでなんとかしたいのだけど,いいかんじの方法を模索していきたい.